クラシトトノエ*賃貸の階段のあるおうち

メゾネット2LDKのおうちでインテリア・収納・家計を整えて、シンプルライフを目指しています

【家計簿を整える】①特別費を導入することで毎月の支出を一定にする

おはようございます!ku-ka(くうか)です。
2018年4月から家計簿を見直して新しい一歩を踏み出しました。
主に現金でやりくるする支出のほうです。
毎月きつかったので…

 

 

家計簿を整えるために見直したこと

f:id:ku-kahan:20190113231059p:plain

家計簿は数年前からつけていましたが、なかなか貯蓄が増えない日々…
2018年から改善したことを書いてみます。

 

1.年間特別費を設定

この月だけという支出を、特別費として年間を通して管理してみることにしました。

 

毎年クリスマスや誕生日、長期休暇の月は家計がきつかったのです(;^_^A
この月だけ発生するという支出は、年間を通して積み立てていけば、毎月の支出が一定に近づいてくるのでは、と期待して。

 

特別費に設定するイベントを、

  • 誕生日、クリスマスプレゼント
  • お年玉
  • 誕生日、クリスマス、お正月の食費
  • 父、母の日
  • 美容院代
  • 年賀状
  • 長期休み遊び費
  • 旅行代
  • 七五三
  • カード買い物代
  • 臨時出費

このように書き出していって、金額も設定します。
最後に金額の合計を12か月で割ります。
その割った金額を毎月積み立てていくことにしました。

 

2.私のおこづかいを廃止

月に1万円程度でしたがおこづかいを廃止することにしました。 
美容院、ママ友とのランチ、飲み会などに使う程度。

こちらも毎月一定の額を使うわけではないので、美容院代は年間の積立から&交際費はその月の娯楽費から出すことにしました。

 

夫のおこづかいが痛い出費

我が家では夫のおこづかいが、家計の中で占める割合が大きいのです。

主に交通費・昼食代なんですが、余裕があるはずの額なのに毎月足りなくなる。
交通費が会社から支給されない上に、外出が多い。
月によって変動するので、読めません( ;∀;)

 

最初に渡すおこづかいで足りたことはほぼありません。

 

私は料理が苦手で、なるべくお弁当は作りたくない派なのですが、そうも言ってられなくなり、おにぎりだけは週に何回か作るようになりました。

それでも足りないと言われた日には、本当にガッカリしてしまいます。
頑張ってもこうなるのかよ・・・って。

給料日が近づくと、いつ足りないと言われるか毎日ドキドキなんですよ…
(食費などもギリギリになってるとさらに)

夫はあればあるだけ使ってしまうタイプなので、お金を渡すのが怖い。
しかしこれからは家計簿を整えたおかげで夫の催促に動じないようになりたいですね。

 

3.小学校でかかるお金も年間で管理する

小学校は、給食費が2か月分まとめて請求がきたり、8月は引落がなかったりしますよね。
その動きにあたふたと一喜一憂していた私(;^_^A

これではいけないと思い、1か月1万円を積み立てて、年間で管理してみようと思いました。
別途支払いが発生する学習道具などは、娯楽費から出す予定です。
(来年度はあまりに多そうだったら特別費にして積み立てることを考えます)
ここの項目はまだ手探りです(^^;

 

まとめ

f:id:ku-kahan:20190111140442j:plain
一喜一憂していたイベントの出費や教育費を年間で管理することにより、毎月の支出が一定になり、貯蓄にまわせる額を増やしていけるのではと思っています。
予定では増えるはず…(;^_^A

 

まだ1年終わっていませんが、やはり現実は予定通りにいかないことも多いわけで。
思ったより娯楽費が足りなかったり、夫の出費が多くなったり…

 

これからも試行錯誤しながら、我が家の家計簿を完成に近づけていきたいと思います!!

▼参考にさせていただいたブログ
2年間で350万円貯めた!ズボラ主婦の節約家計簿管理ブログ

 

▼次の話。家計簿を実際に自作した記事です。

www.kurasitotonoe.com

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。