クラシトトノエ*賃貸の階段のあるおうち

メゾネット2LDKのおうちでインテリア・収納・家計を整えて、シンプルライフを目指しています

【家計簿を整える】②自分の好きなように家計簿を作ってみた

今年度4月から見直しをして、再スタートを切った我が家の家計簿。

家計簿もジプシーしてまして…
市販のものを買ってみたり、Excelで自作してみたり。
ここ3年程Excelの自作家計簿でつけていました。
その3年間使ってきた家計簿をこのたび改善しての再スタートです!

▼関連記事です。

www.kurasitotonoe.com

 

見直した費目の設定

日別の家計簿は、銀行からおろした現金でやりくりするための表になっています。

(※金額は適当な額を入力してあります)

  • 食費

生活に必要な食費を記録。
それ以外の外食は娯楽費に計上。

  • 日用品費

生活に必要な日用品費を記録。
100均で買ってしまった便利アイテムなどは、娯楽費に計上。

  • こづかい

夫と子供たちのこづかいを記録。

  • 教育費

小学校の引落しに関係する金額のみ記録。

  • 娯楽費

主に外食、交通費、医療費を記録。

  • 貯蓄

月始めに決まった金額を先に記録して、袋分けしてしまいます。

  • 特別費入金額

特別費も年間を通して積み立てる額を先に記録して、袋分けしてしまいます。

 

週ごと、月ごとの合計を見られるようになっており、左側には予算と比較しての残金を表示しています。

「〇〇費はあといくら使える」
がわかるようにしたいがための、自作家計簿なんです。

 

昨年までの家計簿と変えたところ

  • 外食費の項目があった

外食の予算を立てても、オーバーしてしまったり、ほとんど使わない月もあった。

  • 交通費、医療費も別項目にしていた

こちらも月によって増減がありました。

  • 雑費という項目もあった

当てはまらない項目はすべて雑費にしてしまっていました(^^;

 

これらをまとめて娯楽費にしたので、すごくシンプルになりました。

 

おまけの、カード払い項目

つい使いすぎてしまいがちなカード払い。

支払いはだいぶあとになりますが、目安として、当月にいくら使ってしまっているか把握するために、家計簿に記入欄を設けました。

 

まとめ

はっきり言って、私はExcelの機能をそれほど使いこなせません(^^;
でも家計簿なら、足し算・引き算・合計程度で簡単に作れてしまいます。
あとは自分で見やすいレイアウトにしてしまえばOKです。
使うのは自分だけですから!(笑)

既製品でも自作でも、好みの家計簿に出会えると、家計簿をつけるのが楽しくなりますよね^^

最後までご覧いただき、ありがとうございました。