クラシトトノエ*賃貸の階段のあるおうち

メゾネット2LDKのおうちでインテリア・収納・家計を整えて、シンプルライフを目指しています

夏休みの家計を乗り切る方法

夏休みが始まって1週間。
子供たちが学校から持ち帰った荷物がクローゼット内のあけた部分におさまりました(*^^)v

▼関連記事です。

www.kurasitotonoe.com

 

既にぐったりです…私(;^_^A
最初の1週間目に予定を詰め込みすぎたようです。
初めてブログを更新できなかった日がありました(+_+)

体調を崩さないよう、来週からは詰め込みすぎずまったり過ごそうと思います^^

 

昨年まではやりくりがきつかった夏休み

夏休みは給食費がないものの、毎日昼食を考えなければいけない上にお出かけもつきもの。
時には外食の日もあったり。
お祭りもあったり。

何かとお金がかかりますよね(^^;

昨年まではその月暮らしだったので、夏休みのやりくりがきつかったんです。

 

年間の特別費+その月の娯楽費で切り抜ける!

今年度から家計簿を見直したため、夏休みにかかるお金を特別費として準備することにしました。

 

家庭によってかかるであろう金額はそれぞれだと思いますが、我が家の場合は2万5千円を予算としました。
もちろんそれだけでは足りなくなる可能性はあるので、あとはその月の娯楽費で補う感じで想定します。

 

ちなみに我が家の帰省は、夏休みに私の実家へ行く予定ですが同じ県内なので、ほぼお金はかかりません。
そして秋休みに夫の実家(東北)へ帰省予定です。

帰省は帰省代として特別費で準備します。

▼特別費を設定した関連記事です。

www.kurasitotonoe.com

 

まとめ・あらかじめ夏休み代を準備することで、心の余裕が生まれる

毎年夏休みは現金の残金との戦いでしたが、今年からは少し余裕が持てるようになりました( *´艸`)

かといって外食しまくるわけにはいきませんが、お友達と出かける時は外食、そうでない時はなるべく自炊で頑張りたいと思います。


最後までご覧いただき、ありがとうございました。