くうかんしんぷるライフ

賃貸2LDKのおうちでも快適に、シンプルに暮らしたい

はてなブログは収益化しやすい?私が移転した理由と移転後のこと

こんにちは、くうかです!
2018年9月13日に、ライブドアブログからはてなブログへ移転してきました。
昨日でちょうど1か月^^
移転して良かったことなどを綴ってみたいと思います。

 

 

はてなブログは収益化しやすい?私が移転した理由と移転後のこと

f:id:ku-kahan:20190827105019p:plain

 

はてなブログへ移転した理由

理由その1:広告問題

なぜ移転したのか?
単純な理由です。

 

「ライブドアブログではスマホ画面に広告があまり貼れなかった」

 

ライブドアブログでは独自ドメインを持つサイトも無料で運営できます。
(独自ドメインは別途有料で取得することになりますが)
それが魅力的、なおかつ好きなブロガーさんがライブドアだった、というのがライブドアを選んだ1番の理由でした。

 

・・・その時は知らなかったのです。

 

ブログを見に来てくれる人は、ほとんどがスマホだということを。

 

ライブドアは無料であるかわりに、スマホサイトにはライブドアの広告が出されて消すことはできません。
画面に広告を1つは入れられましたが、2つにすると表示されなくなりました(^^;
最初はあまり気にしていませんでしたが、徐々に「収益化を目的とするなら、これって致命的では?」と思い始めました。

 

アドセンスの審査に通っても、収益はなかなか上がりませんでした。

 

無料ブログにこだわっていた私ですが、今のままでは厳しい。
レンタルサーバーを借りるにもお金がかかるし、今後ブログで収入を得ていくためにはやむを得ない、という結論に。

 

理由その2:アクセス数問題

はてなブログはアクセスを集めやすい、と聞きました。

へぇー、そうなんだーくらいにしか思っていませんでしたが、引っ越してきてそれを実感しています。
はてなユーザー同士の交流もでき、読者になると更新通知が来るので見に行くし、検索からの訪問者もずいぶん増えて来ています。

 

移転してみて困ったこととやってみたこと

f:id:ku-kahan:20190119224205j:plain

まず、はてなスターやはてなブックマークの意味がわかりませんでした(笑)
読者もどうすれば増えるのかもわからず・・・

 

記事を更新してみても何も反応がなく、やっていけるのか不安でした。

 

おそるおそるはてなスターをつけてみた

そして、いいなって思ったブログにドキドキしながら初めてはてなスターをつけてみました。

そしたら、なんと・・・!
その日のうちにその方が読者になってくれて・・・!

初めての読者様でした(涙)
嬉しかったなぁ( ;∀;)
すぐさま私も読者登録させていただきました。

 

グループに参加してみた

あとできることと言ったら、グループに参加すること。

 

私はライフスタイル、インテリア、育児・子育て、ミニマリスト、シンプルライフに参加。
時々グループの更新情報を見て、見たいと思ったブログにお邪魔して、はてなスターをつける。
さらに気に入ったブログの読者になってみる。

 

そうすることで、私のブログにも訪問していただけたり、読者になってくださるかたも!(*´▽`*)

 

読者さまが増えるのってこんなにも嬉しいとは・・・♡
文章も写真もまだまだうまくできない私のブログに本当にありがたいです( ;∀;)

 

最後に、移転してみて良かったこと

f:id:ku-kahan:20190119224318j:plain

最後に良かったこと。

  1. ブロガーさんと交流できた(ライブドアブログでは皆無でした・・・)
  2. アクセス数が伸びてきている
  3. ブログがより身近に感じるようになった

はてなブロガーさんと交流できるようになって、とってもモチベーションが上がりました^^
なるほど!と思ったり、私もこういうのネタにしたいな、とか刺激を受けて、記事を書くのが楽しくなりました。

アクセス数も徐々に増えてきて、記事下に出るアドセンスの関連記事もいつのまにやら表示できるようになって、収益アップにつながっていくのではと期待しています。
(ちなみに収益はやっと運営費がまかなえそう、という程度です)

 

ブログデザインのカスタマイズや、過去記事のリライトも苦ではなく、見てくれる人がいるならと、楽しんで色んな記事も書けるようになってきました^^

 

この調子で自分時間を楽しんで、ブログを続けていけたらと思っています!
今後ともよろしくお願いします。

▼移転した時の記事です。

www.kurasitotonoe.com

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。