くうかんしんぷるライフ

賃貸2LDKのおうちでも快適に、シンプルに暮らしたい

- Pickup -

エコ洗剤活用術
メゾネットのメリットデメリット
2LDK
無印おすすめ

「一体どんな育児をされているんですか?」と先生に聞かれる

f:id:ku-kahan:20190916000655p:plain

こんにちは、くうかです!

 

我が家には小5の息子と小3の娘がいます。

 

夏休み前に小学校の担任の先生と個人面談がありました。
私は、息子はごく普通の学力だと思っていました。
だって、通知表…毎年普通だったので(^^;

 

しかし、今回の面談によってそれは違ったのかも?と思えるようになりました。
この面談が、私の育児を改めて振り返るきっかけになったのです。

 

 

母も気づかなかった息子の学力

4月に5年生の学習調査というテストが市内で一斉に行われました。
その結果も今回出まして、、「お?意外と良いじゃないか」という感想でした。
国語と算数だけですが、平均は60~70点台。
息子はそれを大きく上回って90点台。

 

しかしテストの出来栄えというより、先生は息子の問題の解き方や考え方をとても褒めてくださいました。
あと、楽しんで勉強に取り組めるということもポイントが高いようです。
今まで褒められたことはありませんか?と聞かれ、1年生の時に「算数の考え方に光るものがある」と言われたことを思い出しました。

 

それなのに・・・なぜか成績表はいたって普通なんですよね(笑)

 

2020年度からの学習指導要領

2020年度から学習指導要領が変わりますよね。
プログラミングが必修になったり。

 

そこで目指していくところ(プログラミング的考え方?)が、ぴったり息子の今の姿勢に当てはまるのだそうです。

 

私:「ほぉ~・・・」←あまりわかってないよね

 

本人が今後どういう方向に進みたいかもまだわからないけど、息子は親が思っている以上に学ぶことのセンスを持っていたようです。

 

「一体どんな育児をされているんですか?」と先生に聞かれる

f:id:ku-kahan:20190120233205j:plain

先生に、「ご家庭ではどのような育児をされているんですか?」と聞かれましたΣ(・ω・ノ)ノ!

 

実は、幼稚園の年長の時の担任にも同じことを聞かれました。

 

どのような育児…って…特に…何も…していない( ̄▽ ̄)(笑)いやほんとに

 

先生「お父さんとお母さんで知的な会話をしていて、それを息子君も聞いているとか?」

「いえ・・・全く(汗)」

 

夫婦の会話、あまりないですからね(; ・`д・´)←
しいて言えば、大人とするような会話を息子としているかもしれない。
ニュースを見ながら息子とその話題について話し合ったり。
と言っても深くではなく軽く、ね(笑)

 

あと、ゲームの話で盛り上がる母と息子(; ・`д・´)

息子:「ママとゲームの話するの面白い~!!」

と言ってくれます(笑)

 

そんな友達感覚な、対等に近い関係の親子なんですよね。
私の精神年齢が低すぎるだけかもしれませんが…

 

勉強のことを聞かれた時に心がけていること

勉強のことを聞かれることはあまりないのですが、たまーにわからないと言ってくることがあります。
5年生…ギリまだ教えられる内容です(笑)

 

ただ、単純に教えるのではなく、そこに自分で辿り着くように促してみる。

 

まず自分で調べてごらん、と。

 

丸投げと言わないで~(笑)
すっかり息子はGoogle先生で調べることが得意になってしまいました(笑)

 

現在の勉強方法

現在の勉強方法は進研ゼミのチャレンジタッチのみです。
オプションなど何もつけない状態です。

 

タブレット学習が息子の好奇心にはぴったりなようで、今までチャレンジタッチをサボることもしていないし、毎月楽しみでしょうがない様子。

 

塾で時間を拘束されるより、好きな時間に好きなだけ勉強できるということが合っているのかもしれません。

 

先生にも塾に行っていないことに驚かれました。
塾に行ってる子より出来てますって。

 

最後に

息子は初めての子なので、模索しながら、いや模索と言えるほどのことすらしていないような育児なのですが、それが息子には良かったのかな?

 

料理も苦手で勉強もあまりできない母ですが、息子の成長が「そのままのママでいいんだよ」と言ってもらえているような気がして、息子の存在自体が励みになっています。 

 

あと、人生の中でどんな先生と出会うかもとっても大事だと感じています。
先生によって、良くも悪くもなるかもしれない。
子供の良さをわかってくれる先生ってありがたい存在です。
先生からもエールを送られたような気がして、とっても嬉しい面談となりました^^

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

こんな記事もあります

www.kurasitotonoe.com

www.kurasitotonoe.com

www.kurasitotonoe.com