MENU
カテゴリー
アーカイブ
くうかの画像
くうか
整理収納・ゲーム・プログラミングが好きな40代専業主婦。小学生兄妹と夫の4人家族。
小さなおうちに引っ越して収納が減っちゃった!少しずつ物を減らしているゆるミニマリストでもあります。

ゲームだけが視力低下の原因じゃない!葛藤の末ゆるくしたルール

こんにちは、ゆるミニマリスト主婦のくうかです。

うちの小学生の息子はゲームが大好き。
宿題より、習い事より、ご飯より優先。

まさにゲームファースト!な彼の視力は、早いうちから下がっていってしまいました。

Contents

息子がゲームを始めたきっかけ

息子がゲームを始めたのは幼稚園年中さん。
誕生日にWiiUをプレゼントしました。

狙いは、ゲーマーなパパが息子と共通の趣味を持ったら、もっと子供と一緒に遊んでくれるのではないか?と思ったから。

しかし狙いが的中したのは始めのうちだけでした( ̄▽ ̄)

次第にあまり遊んでくれなくなり、パパと一緒にゲームすることはほとんどなくなりました。
それでも息子はゲームが大好きなままだったので、やめることはありませんでした。

『ゲームは1日30分』と決めて、多少のオーバーはあるものの、ちゃんと守れていたと思います(*’ω’*)

息子の現在の視力は両目とも0.2以下

ゲーム時間は大体守れていたのに、視力はどんどん下がっていきました。
小2からメガネが必要になり、かけ始めました。
眼科でも定期的に診てもらっています。

視力が低下する原因は、主に環境的な要因と遺伝的な要因があるそうです。

環境的な要因は私?

小さい頃息子は電車が大好きで、電車の動画を見せてあげると夢中になって静かに見ていてくれるんです。

私が家事したい時や、休憩したい時などに見せてしまっていました。

あーーー。後悔(+_+)
しかしそうでもしないと時間を作れないくらい、1人目育児はいっぱいいっぱいでした。

遺伝的要因は?両親共に近視の場合とそうでない場合

私も夫もコンタクトレンズをするほど視力が悪いです。
私は中1くらいから下がり始め、夫は息子と同じで小さい頃からメガネでした。

しかし弱い近視であっても、米国における研究では、両親が近視の子どもは、(片方の親が近視である場合および両親共に近視でない場合と比較して)近視の頻度が明らかに高いことが報告されています。
近視になるかならないかは、環境要因による影響を無視はできないものの、遺伝的因子もあると考えられています。

公益社団法人 日本眼科医会

両親が近視の場合は、子供も近視の確率が高くなるようですね(^^;

息子よりゲームしまくるいとこ(同じ年齢)がいます。
しかしいとこは全く視力が下がりません。
その子のパパもゲーマーなのに視力がいいんです。(ママ(私の妹)は近視)

これは、やはり我が家は両親ともに近視なので、子供が近視になる確率も上がるということでしょうね(;´Д`)

息子が「〇〇(いとこ)だけゲームいっぱいやってずるい」って言います。
そうだよね・・・やりたいよね・・・

我が家はゲームに時間制限を設けているのでうらやましい気持ちはよくわかります。

完全な近視だった

病院の検査の結果、息子の近視は仮性ではなく本当の近視。

つまり回復しない近視なんです。

となると20代過ぎまでは下がり続けてしまうことに・・・

ゲーム30分くらいならやらせてあげなよって眼科の先生に言われて、最初はそれを厳しく実行していました。
しかし年齢が上がるにつれ、30分ではとても足りない。

1番大好きなことを我慢させてしまうのはかわいそうじゃないか?
もしゲームではなく勉強が好きだったら?
きっと止めないだろう(笑)

・・・色々葛藤しました。

ゆるくなったゲーム時間ルール

葛藤した結果、

ゲーム時間ルール
  • ゲームは1時間
  • その時間分、目を休める
  • 時間をおけばもう1回ゲームをしてもいい

というルールになりました。
甘いですかね。だいぶ増えてますよね(笑)
これで息子も納得してくれて実践しています。
病院の先生からしたら、やらせすぎと思うかもしれません。

しかし視力が低下しない子はたくさんゲームできるのに、自分だけ時間制限があるというのはやっぱり不公平。

ゲームだけが視力を低下させる原因ではありません。
読書が好きな子は、読書しすぎて視力が下がっていたりします。
ゲームだけが悪いんじゃない。

本人も、目を使えば使うほど悪くなるということは理解しています。

最後に

現在はこのゆるいルールでガクッと視力が下がることもなく、ゆるやかに下がっているという状況です(^^;
今後も状況を見ながら対策を考えていきたいと思います。

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

シンプルライフの参考になる記事をもっと読む(ブログ村)

読んだよ!のクリック嬉しいです…♪

にほんブログ村 にほんブログ村へ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

カテゴリー別の人気記事

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる