くうかんしんぷるライフ

賃貸2LDKのおうちでも快適に、シンプルに暮らしたい

- Pickup -

エコ洗剤活用術
メゾネットのメリットデメリット
2LDK
スプレッドシート

覚えておきたい!静電気が発生しやすい衣類の素材とダイソースプレーで静電気対策

こんにちは、くうかです!

 

空気が乾燥していて、皮膚はカサカサ、洋服はバチバチ。
冬は好きなのに、乾燥と静電気には困ってしまいます・・・。

 

少しでも何か対策を、と思い静電気と衣類の素材について調べてみました。

 

 

覚えておきたい静電気が発生しやすい衣類の素材

私はどうやら静電気を溜めやすい体質のようで、毎年衣類の静電気には困っていました。
イテッ!て言っちゃうくらいバチバチです。
今年はどうにか対策を・・・と思い調べていると、あさイチでも特集されていて復習になりました(*^^)v

 

衣類の素材の帯電列

この表はとても参考になりました。
ぜひ記憶しておきたい表です。

f:id:ku-kahan:20190106163144p:plain

(画像引用元:静電気が発生しやすいコーディネートって?|衣類の静電気スプレー「エレガード」|ライオン株式会社

 

この表からわかったこと

  1. 綿はほとんど静電気なし
  2. プラス素材とマイナス素材がこすれると静電気が起こる
  3. 同じか近い素材がこすれると静電気は発生しにくい

 

1.綿はほとんど静電気がない

綿はほとんど静電気が起こらないのだそうです。
知らなかった~!綿すごい!コットンいいね!

 

ということで、綿をコーディネートに取り入れると静電気が起こりにくくなります。

 

子供達の下着は綿を取り入れていこうかなと思いました。
できれば私も(^^;

 

2.プラス素材とマイナス素材がこすれると静電気が起こる

上記の表で、素材のプラスマイナスが離れれば離れるほど静電気が強くなるようです。
ナイロンのアウター(ダウン等)に、アクリルのセーターを中に着たら・・・バチバチ!?ひぃぃぃぃ(>_<)

 

それならばナイロンとウールは帯電列でお隣りさんなので、ダウンにはウールのセーターを着れば静電気は少なめ・・・ということになりますね♪

f:id:ku-kahan:20191109224440j:plain

写真はユニクロウルトラライトダウン(ナイロン)と無印ウールセーター(ウール)の組み合わせ。
これなら静電気は少ない。

 

3.同じか近い素材がこすれると静電気は発生しにくい

同じ素材なら静電気は発生しにくくなります。
ウールのセーターにウールのストールなら大丈夫ってことですね!

 

衣類の素材を見ながらコーディネートすることはなかなかに面倒ですが、静電気にお悩みの方は、素材を少し気にすることを視野に入れてみると、冬でも快適なコーディネートに近づけるのではないでしょうか。

 

ダイソースプレーで静電気対策をお試し

私は静電気を溜め込みやすいので、衣類の組み合わせだけでなく肌と衣類のこすれからも静電気が発生しまくります(^^;

  • 下着を脱ぐ時
  • スヌードを外す時

などなど、バチバチくる場面がいくつもあります。

 

さらに静電気が発生すると、これからの時期は花粉が付着しやすくなります。
少しでも静電気を抑えたいと思い、この冬初めて静電気対策のスプレーを購入しました。

f:id:ku-kahan:20191109224430j:plain

ダイソーの『静電気ガードミスト』です。
ミスト状の、におい付きのスプレーですね。

 

においは”化粧の濃いおばはん”のようなにおいです(;'∀')
いいにおいなのですが、嗅ぎ覚えのあるにおいなのです(笑)
これをスプレーすると、多少静電気が軽減されます。

 

ダイソーのスプレーがなくなったら、こちらを試したいと思っています。

 

まとめ

毎年冬に悩まされる、静電気についていくつか調べたことを挙げてきました。

POINT!
  • 帯電列の表を知っておくと、冬のコーディネートが少し快適になるかも
  • 静電気がほとんどない綿を取り入れると、静電気の軽減になる
  • 静電気対策スプレーで気軽に静電気防止ができる

 

住んでいる地域によっても静電気の量が変わるようですね・・・!
雪の多い北陸・北日本は湿度があるので静電気量が少なく、乾燥している関東は静電気が起きやすいのだそうです。 
雪は本当に大変ですが、静電気の悩みは少ないということですか(;´Д`)
すみません、ちょっと羨ましいです…。

 

今回調べたことをもとに、私自身少しでも静電気のあのバチっとくる痛さから抜け出したいと思います。
早速こどもの下着を綿の下着にしました(*^^)v

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

こんな記事もあります

www.kurasitotonoe.com

www.kurasitotonoe.com

www.kurasitotonoe.com