クラシトトノエ*賃貸の階段のあるおうち

メゾネット2LDKのおうちでインテリア・収納・家計を整えて、シンプルライフを目指しています

スイッチ版フォートナイトで息子がボイスチャット。スマホのイヤホンマイクがいい仕事してる!

おはようございます!ku-ka(くうか)です。
我が家で相変わらず大活躍中のニンテンドースイッチ。
最近息子はクリスマスプレゼントのスマブラはあまりやらず(泣)、無料でダウンロードができる『フォートナイト』に超ハマっております。
これ・・・ボイスチャットができるらしいのです。

 

 

驚愕!クラスの男子ほとんどがフォートナイトをやっている現実

息子は4月から小5になりますが、現在のクラス(小4)では男子のほとんどが『フォートナイト』で遊んでいるそうです。
そ、そんなに流行っているの・・・?

 

フォートナイトとは?

実は私は興味がなくやったことはないので、息子からの話とネットからの情報になります。

 

フォートナイトとは、100人が孤島でバトルロワイアルを行い、最後の1人になるまで戦うゲームのようです。

 

バトルロワイアルというと私の中ではイメージがあまり良くありませんが、グロさもなくキャラにも面白さがあり、こどもでもすんなり入っていけるようです。(女の子はどうかな・・・)

 

私が1番気になるところは、ゲーム内でできるダンス。
色んなダンスがあって見てて面白い!
息子も実際に色々なダンスを踊ってくれるので爆笑してしまいます(笑)
TOKIOがCMに出演したこともあり、身近なゲームになってきているかも。

▼公式サイト
Epic Games『フォートナイト』

 

様々なプラットフォームで遊べるのも魅力

スイッチを持っていなくても、PS4、パソコン、スマホ・・・等でログインしても一緒に遊べるようですね。

 

クロスプラットフォームというらしいです。
初めて聞いた!(汗)

 

しかし親が関与しないと始められないようです

無料ダウンロードですが、こどもだけで勝手に始められないようです。
アカウントを作ってメールアドレスも登録します。

 

勝手に色々されても怖いので親が関与できたほうが安心ですね。

 

フォートナイトでボイスチャットをする

ボイスチャットができるゲームって我が家では初めてです。

 

息子が「ボイチャできないとフォートナイトできない!!」とか言い出すものですから、家中のイヤホンを探しました(笑)
意外とマイク付きのイヤホンってないんですよね(;´Д`)

 

そして私、思い出しました。

スマホに付属してたイヤホンってマイク付いてたような気がする!!

 

ASUSスマホに付属していたイヤホンマイクを発見

f:id:ku-kahan:20190325102709j:plain

これこれ!

ここにマイクが付いています。

f:id:ku-kahan:20190325102652j:plain

こんなに小さいけど上手く声が相手に届くのかな?と多少不安。

 

スイッチにイヤホンマイクを設置

ここに差込口がありました。

f:id:ku-kahan:20190325102642j:plain

 

完成!

f:id:ku-kahan:20190325102701j:plain

不安がありましたが、これで聞こえるし、息子の声も相手に届いているようです。
他のヘッドホンなども試してみたようですが、これが一番音が拾える!と愛用してくれています。
イヤホンマイク、私は全く使っていなかったので、使い道ができて良かった。

 

ボイスチャットをする上での約束事

フォートナイトは大人も子供も遊ぶゲームなので、ボイチャをする上での約束事を一応設けています。

 

シンプルに、

『知っている友達だけ』

としています。

 

ボイチャをすると周りの音も拾われちゃうようで、家族の物音や話し声も聞こえてしまいます。
知らない人にそういう個人的な情報を知られるのも怖いので、ボイチャをしていいのは学校の友達やいとこだけとしています。

 

同じチームの声しか聞こえない&喋れないので、知らない人とチームを組む時はボイチャしないようにしています。
ボイチャなしでも全然できるゲームのようですからね(^^;

 

最後に

放課後や休日に、クラスメイトと話しながらゲームできるのは楽しいと思います。
楽しいだろうけど・・・出かけなくなるよね~(苦笑)

 

外で遊んでこいやー!と言っても、外で遊ぶ人がいないという現実のようです( ;∀;)
学年毎に特色があって、息子の1こ上と1こ下の学年はよく公園で遊んでいるようなんですよね。
息子の学年はインドア派が多いということか。
遊ぶとなっても誰かのおうちでゲーム・・・だしね~。

 

面白いゲームがどんどん出てくるのはいいけど、なかなか難しいところですね。
本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

こんな記事もあります

www.kurasitotonoe.com

www.kurasitotonoe.com