MENU
アーカイブ
くうか
ミニマリスト
整理収納・ゲーム・プログラミングが好きな40代専業主婦。4人家族。
小さなおうちに引っ越して収納が減っちゃった!少しずつ物を減らしているミニマリストでもあります。
SWELLでサイト型トップページを作る!解説→CLICK!

専業主婦のつみたてNISAを楽天証券で口座開設!どのくらい増えた?

専業主婦のつみたてNISA

こんにちは、ゆるミニマリスト主婦のくうかです。

くうか

専業主婦でも投資をしてみたい。でもできるのか不安…。

と思っていても、もしもの時のため、老後のため、貯金を少しでも増やしておきたいですよね。

私も重い腰がなかなか上がらなかっのですが、調べてみるとつみたてNISA(積立NISA)ならできるかも!?とついに一歩踏み出しました。

全くわからないところからのスタートでしたが、始めてみることが大切だったんです。

3年経過し、プラス70万円増えています!

くうか

ただ銀行に預けているだけより増えていっています。
つみたてNISAのことと、私の資産の推移を紹介していきます。

この記事はこんな人におすすめ
  • 専業主婦で投資が気になっている
  • つみたてNISAとiDeCoで迷っている
  • つみたてNISA満額でどのくらい増えるのか知りたい
目次

専業主婦の初めての投資は楽天証券のつみたてNISA

くうか

専業主婦でも投資はできるの?やるとしたら何をすれば良いのかな?

初心者なためまずはそこから疑問だったのですが、調べてみると投資の中でも利益が非課税なものがあります。

非課税なこの2つは、初心者には優しい制度ですね。

20歳以上の専業主婦ならどちらもできますが、夫の収入からになりますので夫に相談しました。

夫は投資にはあまり興味がなく、私がやってみたいという意思にも少々否定気味…。

くうか

何とか説き伏せて、1つだけならOKとの許可が!

両者を比較すると、こうなります。

iDeCo
つみたてNISA
  • 原則60歳まで引き出せない
  • 掛け金は全額所得控除
  • いつでも引き出し可能
  • 掛け金の所得控除なし

iDeCoも良いのですが、iDeCoは年金という位置付けなので60歳まで引き出せない。つみたてNISAはいつでも引き出し可能。

働いていないのでiDeCoの所得控除の恩恵もない。

ということで、始めるにはハードルが低い「つみたてNISA」にしました。

制度の内容がわかりやすく説明されています。
つみたてNISA早わかりガイドブック : 金融庁

つみたてNISAとは

つみたてNISAを簡単に説明すると…

  • 少額からの積立が可能で、非課税の投資枠に年間最大40万円まで積み立てることができる
  • 40万円×20年(非課税最長)=最大800万円を積み立てることができる
  • 金融庁が厳選した商品なので、安定的な資産形成ができる

投資可能期間が延長されて、2042年までになりました。

くうか

あと残り20年になるので、今年は始めるチャンスですね!

つみたてNISAは、出た利益が非課税(20年間)だということが1番ポイントが高いのではないかと思います。

  • NISA口座開設
  • 投資先と投資額の設定

を行ってしまえば、あとは傍観できます。

くうか

むしろあまり状況をチェックしない方が良いです!

上がったり下がったりが当たり前なので、一喜一憂してしまう方は見ない方が良いでしょう。←私は見ちゃってへこんでました。笑

つみたてNISAは長期投資。長期で見ていかねば!

つみたてNISAで楽天証券を選んだ理由

私は日ごろから楽天でよく買い物をするため、楽天カードや楽天銀行を既に持っています。

楽天グループならではのサービスが魅力的だったため、楽天証券を選びました。

こちらの動画がわかりやすかったです。

Point! ポイントで投資

楽天ポイントで投資信託の購入ができる

なお500円以上のポイント投資で、楽天市場でのポイントが+1倍になる

※期間限定ポイントは使えない

Point! 楽天カードのクレジット決済でポイントが貯まる

積立の引落に楽天カードのクレジットカード払いを利用すると、決済額100円につき1ポイントが付与される

\入会時のポイントがすごい/

楽天銀行との連携「ハッピープログラム」が魅力的

楽天銀行&楽天証券の口座連携(マネーブリッジ)に申し込み、ハッピープログラムにエントリーすると、

  1. 自動入出金(手数料無料)
  2. 普通預金金利が年0.10%に優遇
  3. 残高10万円ごとに3~10ポイントの楽天スーパーポイントが貯まる

という恩恵を受けることができます。

1. 自動入出金

毎月自分で操作せずとも、楽天銀行から楽天証券へ自動で手数料無料で入金してくれます。

はじめ私は意味がわからず、適当に自分で楽天証券へ入金操作してしまいました。

数日後、自動でその入金が銀行に戻ってきて、そしてさらに後日、設定した通りに自動で入金が行われていました。

ということは、完全に私が余計なことをしてました。笑

以降はマネーブリッジにおまかせしています。

2. 普通預金金利が年0.10%に優遇

この金利はかなり高いのではと感じています。

楽天銀行で定期預金をやるより高いです。

ただし2022年4月1日以降は、普通預金残高が300万円を超える額に対しては年0.04%に改定されます。

くうか

ちょっと悲しい改定がきちゃいましたね。

3. 残高10万円ごとに楽天スーパーポイントが貯まる

こちらも2022年4月1日より、ポイント獲得条件が変わります。

獲得条件が「一定の残高を保有している場合」から「一定の残高をはじめて達成した場合」に変更となります

ポイント進呈条件の変更に関するお知らせ
くうか

以前よりポイントが貯まりにくくなる…?

楽天証券でつみたてNISA口座を開設する

ちょうど楽天銀行口座を開設したばかりだったので、証券会社も同じグループの楽天証券にしました。

楽天証券の総合口座・NISA口座を同時に開設します。

楽天証券口座開設の流れ
  1. 開設の申込をして、本人確認書類のアップロード。
  2. 手続き完了後、「ログイン情報のお知らせ」が書留郵便にて送付される。
  3. 楽天証券のホームページで初期設定をする。
  4. マイナンバーを登録する。

開設までは郵送が入るので、多少時間がかかって面倒かもしれません。

くうか

しかしここを乗り切って設定が済めば、あとは放置できるので踏ん張りどころです!

保有商品

私は投資先を3つ選びました。

銘柄掛け金
楽天・全米株式インデックス・ファンド23,333円
楽天・全世界株式インデックス・ファンド5,000円
eMAXIS Slimバランス(8資産均等型)5,000円

月33,333円となるようにしています。

年間で満額の40万円になるように、面倒だけど年末が近くなると残りの数円を増額設定しています。

くうか

夫に許された唯一の投資なので、意地でも満額投資するんだー!という意気込み…!

悩みに悩んで、はじめはこの2つを買いました。

  • 楽天・全世界株式インデックス・ファンド(全世界株式)
  • eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)

せっかくの楽天なので楽天にしかない商品と、あとは不安もあったのでバランスの良い商品を、と思いこうなりました。

たくさんの記事を読んで決めたのですが、しばらく楽天全世界のほうが微妙で…。

2019年6月から新たに好調なこちらを増やして、配分も変えました。

  • 楽天・全米株式インデックス・ファンド

上記の2つより多めに配分しています。

くうか

吉と出るか…!?

専業主婦のつみたてNISAの資産の推移を公開

1年ごとに記録しています。

年月つみたて資産額評価損益
2018年12月361,259円-38,741円
2019年12月891,400円+91,400円
2020年12月1,413,767円+213,767円
2021年12月2,360,352円+727,019円

2018年はマイナスに終わりました。
きっと全体的に下降気味だったのでしょう。そう思いたい。

2019年はプラスになりましたね。
楽天全米がやはり好調のようです!

2020年は世界的に色々あって一時期下がっていましたが、また回復してきたのかな。
プラスになっていてホッとしました!

2021年も順調に増えてくれたようです。
目に見えて資産額が増えていってワクワクします。

くうか

楽天全世界と全米が同じくらいになってきてました。
eMAXIS Slimバランスはずっと安定しています。

専業主婦が楽天証券のつみたてNISAをやってみた感想

老後2,000万円なんてとてもじゃないけど遠い額ですが、何もやらないでいるよりは、少しでも何かを始めるということが大事なのかなと感じています。

増えてきた額を見ていると、やっぱり夫にも投資を始めてほしいなぁ。(せめてiDeCoを…)

ジュニアNISAもやりたかったと今となっては思えます。

くうか

20年後、やって良かったと思える結果で終わりたいですね!

わが家の家計をまとめました

ぽちっとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

専業主婦のつみたてNISA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次