くうかんしんぷるライフ

賃貸2LDKのおうちでも快適に、シンプルに暮らしたい

- Pickup -

エコ洗剤活用術
メゾネットのメリットデメリット
2LDK
スプレッドシート

Googleスプレッドシートで自作家計簿!スマホからも入力可能

f:id:ku-kahan:20191030141923p:plain

こんにちは、くうかです!

 

以前の家計簿はExcelを使って自作していましたが、スマホからでも入力できると便利だなぁと思い、今回Googleスプレッドシートで作ってみました。

 

自作だと【自分の好きな項目】・【使い勝手の良いレイアウト】で作成することができます。
私も自作してみて、とても快適な家計簿に出来上がりました!

 

 

Googleスプレッドシートで自作家計簿

Googleスプレッドシートとは、Google社が提供する表計算ソフトです。
MicrosoftのExcelを使ったことがある方ならすぐになじめるソフトだと思います。

www.google.com

今回作成した家計簿では難しい機能は一切使っていません!
足し算・引き算・合計、グループ化だけでできました。

 

【前提】
この家計簿は、現金を1か月やりくりするための表となります。
カード払いは年間で管理する特別費としているのでこちらには含みません。

 

全体像

全体像はこんな感じになりました。※金額は参考値

f:id:ku-kahan:20191030135541p:plain

上部には各費目の【予算】【現在計】【残額】があります。

 

下部には各費目ごとの日別の金額を入力していきます。
入力するとリアルタイムで上部の【現在計】が変化し、【残額】も変わります。

 

つまり、『今の時点で食費はあといくら使えるのか?』などが都度わかるようになっています。
この、瞬時に残高がわかる機能が欲しくて自作したようなものです。

 

簡単に説明していきますね。
ご興味があれば見て行ってください(*'▽')

 

1.月の予算を決める

先程も少し説明しましたが、家計簿上部に各費目ごとの合計欄があります。
予算を入力するセルがありますので、そこに入力していきます。

f:id:ku-kahan:20191030135536p:plain

家計簿を付ける上で大事だなと感じたのが、この予算決めです。

 

ただ毎日使った金額を計上していくだけの家計簿では、

  • 現在どの程度使い込んでいるのかわからない
  • あとどのくらい使っても良いのかわからない

などというような不安がいつも付きまとっていました。

 

しかし『今月はこれだけ食費に使ってもいい』と予算を決めておくことで、残額を見て使い過ぎたなぁとか、まだ余裕あるじゃん!と思えたりします^^

 

見えない不安がいつもあると、本当は余裕があるのに使ってもいいのだろうか?と尻込みしてしまうこともありましたので(;^_^A

 

2.銀行引出額と前月繰越を設定する

この家計簿の肝になる金額です。

f:id:ku-kahan:20191030135532p:plain

銀行から引き出してきた現金と前月の繰越額を足した金額が、

今月の使える金額

となります。

 

この、『今月の使える金額』を元に1か月やりくりしていくことになります。

 

3.スマホで見やすくするために、上部をグループ化

この家計簿は、このままだとスマホで非常に入力しづらいです。
上部に合計があるため、実際に入力していく日別の欄はちょっとしか見えない状態になってしまいます。
しかし合計は上にあるほうが合計値や残額を見たい場合に便利です。

 

Excelでもこういう時あーやってこーやってできたよな~!と思っていたところ、見つけました!
上部の行全体を選択して、【データ】>【グループ化】をします。

f:id:ku-kahan:20191030135518p:plain

 

するとこのようなバーが表示され、【-】をクリックすると・・・

f:id:ku-kahan:20191030135526p:plain

 

グループ化した部分が閉じます!↓(閉じられて下部の表示のみになっています)↓

f:id:ku-kahan:20191030135522p:plain

これこれ~!
この機能があるとスマホで入力しやすいんですヾ(*´∀`*)ノ

 

スマホでの見え方

このような感じで入力します。

f:id:ku-kahan:20191030135555j:plain

入力する頻度の高い、【食費】【日用品費】【娯楽費】を左側に配置しておくとスクロールせずに済みます。

 

【現在の残金】を見たい時は左にスクロールすることになりますが(;´∀`)

f:id:ku-kahan:20191030135549j:plain

【今月の使える金額】から差し引いた額で、財布の中身と一致しています。
家計簿をつけたあとにこの金額が財布の中身と一致していると気持ちがいい(笑)
面倒くさがりなようで、意外と細かいくうかなのであった・・・

 

Googleスプレッドシートを採用したメリット

なぜスプレッドシートで家計簿を作ったのかというと、こちらの記事にも書きましたがいくつかあります。

  • パソコンを開かずともスマホで入力できる
  • 自分の好きなように費目や仕様を決められる
  • Googleログインができるところなら、どこからでも入力・確認できる
  • Googleのサーバー上に自動保存されているため、スマホがもし壊れてしまってもデータは常に最新のものが保存されている
  • 家族と共有できる

この5つがメリットです。
Googleの他のソフトと連携もできるそうですよ( ゚Д゚)

 

デメリットは今のところ思いつきません・・・!

 

最後に

Googleスプレッドシートを使った自作家計簿をご紹介しました。

 

市販の家計簿では、なかなか理想的な家計簿に出会えず自作することに。
自作家計簿はExcelから始まり、あれこれ試行錯誤してきたので、現在はもう修正することもなくこの仕様で使いやすくなっています。

 

もしこれからスプレッドシートで家計簿を作ろうとしている方のために、少しでも、一部でも参考になれたら嬉しく思います(*´▽`*)

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

こんな記事もあります

www.kurasitotonoe.comwww.kurasitotonoe.comwww.kurasitotonoe.com