くうかんしんぷるライフ

賃貸2LDKのおうちでも快適に、シンプルに暮らしたい

夫がボーナスなしの場合のやりくり方法

こんにちは、くうかです!
フリーランスの夫の給料は毎月固定額で、ボーナスはありません!
ボーナス払いはできませんので、こんな風にやりくりしています。

 

 

夫がボーナスなしの場合のやりくり方法

f:id:ku-kahan:20190314231056j:plain

夫は会社に勤めていますが、社員ではなくて委託された会社に出向しています。
フリーランサーというものらしいんですが。

 

フリーランサーは自営業ということで、年金は国民年金健康保険も国民健康保険です。
確定申告も自分でやります。
税金関係が給料から天引きではないため、自分たちで毎月確保しておく必要があります。

 

固定費は前年の金額を参考に、1年分を12か月で割る

前年度の年金、健康保険、所得税、市県民税の1年分の額をそれぞれ単純に12で割ります
その額を月額として、毎月確保する金額とします。

 

健康保険が例えば年額36万円だとすると、

36万円÷12か月=3万円

となり、毎月3万円を健康保険代として確保しておくことになります。

 

国民年金は毎月一定額が引き落とされていきますが、健康保険は額が決まってからの徴収になりますので、単純に毎月同額が引かれるわけではないんです。

 

ボーナスはありません!

そして我が家の収入にはボーナスがありません!

 

1年間、給料は一定額です。
なので、毎月の支出が一定になることが必要になってくるのです(;´∀`)

 

光熱費も平均額を算出しています

光熱費は、真夏・真冬は跳ね上がりますよね。
なのでこちらも前年度の額から平均値を出しています。
年々微妙に光熱費が上がってきているので、ちょっと困りものですが(;^_^A

 

まとめ

f:id:ku-kahan:20190314125605j:plain

夫のような自営業の固定費は、平均額を出すことによって、毎月引落口座にいくら残しておけばいいのかが明確になります。
その差額を銀行からおろして、毎月やりくりする食費などを管理する現金としています。

 

銀行には引き落とされる固定費分の額が貯まっていくはずなので、いきなり税金の請求が来ても慌てないで対応ができます。
お金の計算が苦手な私でも、何とかこれでやっていけてます。

 

毎年平均額の見直しは必要ですが、今年はいくらになるかな~と計算するのがちょっと楽しみだったりします( *´艸`)
上がってしまうとガッカリ。下がればわ~い!(*´▽`*)です。

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

こんな記事もあります

www.kurasitotonoe.com

www.kurasitotonoe.com