くうかんしんぷるライフ

賃貸2LDKのおうちでも快適に、シンプルに暮らしたい

- Pickup -

エコ洗剤活用術
メゾネットのメリットデメリット
2LDK
スプレッドシート

一人二役でリバーシブルな掛け布団カバーで寝具の数を減らしました

こんにちは、くうかです!

 

家の中で特にかさばるものといえば、寝具が当てはまるのではないでしょうか。
特に冬の寝具は数が多い。
住んでいる地域やおうちの構造などによって数も変わってくるかとは思いますが、収納に限界もあるので、できれば少ない量で暮らしたいと思っています。

 

 

毛布なし!暖かい神奈川県での寝具の内訳

神奈川県東部&メゾネットに住んでいる我が家。
体の上に掛ける寝具の内訳は以下の通り。(一人分)

【冬】

  • タオルケット
  • 掛け布団(毛布は使っていない)

【春・秋】

  • タオルケット
  • 肌掛け布団

【夏】

  • タオルケット

 

冬は毛布を使っていませんが、寝室は2階で暖かいのです。
一部屋に4人で寝てるからというのもあるかもです。(真冬だけ寝室が結露するし) 

 

本当に寒い日はカーディガンやスリーパーを羽織って寝れば大丈夫。
毛布がなくても過ごせるようになりました。

 

肌掛け布団を減らせないものか

秋から冬、春から夏、季節の変わり目には肌掛け布団を使っています。
これがねー。
減らせないものか?とずっと思っていたのです。

 

そうだ!

 

掛け布団カバーを肌掛け布団として使っちゃえばいいんじゃない?

 

と思いついたわけです。
掛け布団カバーは必要なものだし、それが二役を担ってくれれば寝具を減らせる!!

 

一人二役でリバーシブルなベルメゾンの掛け布団カバー

そしてベルメゾンでこのような掛け布団カバーを見つけました。

片面ずつ素材が違うんです。

 

絵柄がある方はパイルのさわやか生地。

f:id:ku-kahan:20191018111022j:plain

 

もう一方はマイクロファイバーでふわふわ♪

f:id:ku-kahan:20191018111034j:plain

 

普段はパイル側を使って、ちょっと寒い日はマイクロファイバー側を使えば、かなり長い時期活躍してくれるのでは・・・!

 

 

掛け布団を使う時期になるまでは、このカバーを肌掛け布団代わりに使うことにしました。
そうすれば、肌掛け布団がなくてもいける!

 

こどもたちは特にマイクロファイバー側のふわふわがお気に入り。

「ふわふわ~~~♡」

と喜んでいます(*´▽`*)

 

気持ちいいよね!

とろけちゃうよね!!

 

最後に

ということで1年を通して、使う寝具は1人につき、

  • タオルケット
  • 掛け布団カバー
  • 掛け布団

となります。

一応、減らせました(*^^)v

 

その他の寝具も少しずつ減らしています。

 

敷布団のシーツも、以前は敷布団1組につき2枚もあったんです(^^;
洗い替え用に、と。
合計6枚です。

 

でも予備って全体で1枚でいいよね…と思い直し、6枚あったシーツは4枚に減らしました。
洗う時は1日1枚しか洗わないので。
たまーに娘が2枚をまたがっておもらしすると焦りますが、そろそろ終わるはず・・・。

 

そしてまだお客様用の布団も納戸にあるんですよね(^^;
数年に1度しか出番がないので、レンタルにして処分しようか考え中です。
これからさらに寝具の数を少しずつ減らしていき、納戸収納もすっきりさせていきたいと思います。

 

ベルメゾンは寝具やカバーが充実しています。よく利用します!

ベルメゾンネット

 

本日も最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

こんな記事もあります

www.kurasitotonoe.com

www.kurasitotonoe.com

www.kurasitotonoe.com