MENU
カテゴリー
アーカイブ
くうか
整理収納・ゲーム・プログラミングが好きな40代専業主婦。小学生兄妹と夫の4人家族。
小さなおうちに引っ越して収納が減っちゃった!少しずつ物を減らしているゆるミニマリストでもあります。
SWELLでこんなトップページを作る!解説記事→ CLICK!

あえて選んだ狭い家、意外といい!メリットとデメリット

URLをコピーする
URLをコピーしました!

こんにちは、ゆるミニマリスト主婦のくうかです。

この記事の内容
  • あえて狭い家を選んだ理由
  • 狭い家のメリット
  • 狭い家のデメリット

わが家は数年前に、3LDKのマンションから2LDKのメゾネットへ引っ越してきました。

子どもが大きくなってきてるのに、あえて選んだ狭い家

理由は、家賃の高さからコンパクトな住まいを選ばざるを得なかったわけですが、今では「狭い家、意外といいじゃん」と思っています。

くうか

その狭い家でわかったメリットとデメリットをお話したいと思います!

Contents

あえて狭い家を選んだ理由

部屋数は一部屋減り、2LDKになりました。

広さ的にも、70平米から60平米に減りました。(メゾネットで1Fもあるので、普通の2LDKより平米数が広いかも)

本当は3LDKでゆったりとした暮らしをしていたかったのですが、当時住んでいたマンションの家賃補助が終了してしまい、補助なしの家賃はプラス4万円に…!

いくつか探してみましたが、賃貸で3LDKは家賃が高い。高すぎる。

しかし、一部屋減らした2LDKになると、一気に家賃が下がります。

当時は子どもたちもまだ小1と年中さんだったので、2LDKでもいけるのでは?と思いました。

くうか

そんなわけで、2LDKかつメゾネットだと築年数が新しくてもわりと良心的な家賃ということで、今の住まいを選びました。

メゾネットはどんなおうち?

間取りの詳細やルームツアーはこちらの記事からどうぞ

あえて選んだ狭い家のメリット

家賃のためにやむを得ず選んだ2LDKですが、良かった!と思うところもけっこうあります。

まずはメリットについて挙げていきますね。

1. 収納場所が少ないので、物を強制的に減らすことができる

私が感じた1番のメリットがこれです。

引っ越したことで、

収納できるクローゼットや棚などが大幅に減りました。

くうか

薄々わかってはいたけど、引っ越しで持ってきたモノたち…完全に入りきらなかった。笑

入りきらず床に放置されているということが耐えられず、「減らすぞー!!」という強い意志が生まれました。

\ゆるミニマリスト誕生の瞬間?/

私のクローゼット
私のクローゼット

物が減らないのは、”しまう場所があったから”なんだなと実感しましたね~。

クローゼットの収納チェストを減らした

クローゼットの床をあけたい!と思い、すべて吊るす収納へ移行しました。

あわせて読みたい

特にキッチンは1番物を減らしたところ

処分した食器
処分した食器

このおうちのキッチンの狭さはハンパなく…

食器も本当に使う物だけに!と頑張って減らしました。

あわせて読みたい

2. 物が少ないので、家族にも物の住所が理解しやすい

こうして強制的ではあるけど、徐々に物が減っていき、逆に暮らしやすくなりました。

物が少ないと、家族でも物の住所(位置)がわかりやすいのです。

物の住所
文房具の収納
くうか

夫は相変わらず覚えてくれないけど笑、小学生の子どもたちはほぼ理解してくれています♪

物の住所を意識して作った収納

3. 掃除にかかる時間を短縮できる

一部屋減ったし、廊下もなくなった!(階段は増えたけど。笑)

部屋の広さもコンパクトになったので、掃除にかかる時間が大幅に減りました…!

掃除機がけ

なるべく床に物を置かないのも、掃除時間の短縮のためです

くうか

掃除が楽になったなぁ…と引っ越してからひしひしと感じています。

4. 家族が密になる

家族が自然とリビングダイニングに集まるようになりました。

(狭いからだけどね…!笑)

テレビやゲームもリビングのみなので。

ピアノをリビングダイニングに置いたことも、少し関係しているかも。

ダイニングの紹介記事

くうか

ただ、息子がフォートナイトでボイスチャットする声だけはデカすぎて避難しちゃうけど。笑

あえて選んだ狭い家のデメリット

デメリットもあります。あります。

1. 物を減らさないと部屋がごちゃついてしまう

メリットの一つに、「強制的に物を減らすことができる」と挙げていましたが、これができないと逆に部屋がごちゃついてしまうのです…。

くうか

まずは頑張って減らして、その上で収納していくとスムーズです。

物が減れば、収納アイテムも実は必要なかった…ということもあるので。

思い切れない場合は、段階を踏んで減らすのもアリ。

1か月前は捨てられなかった物も、今なら捨てられるということが私はよくあります。

2. 防災用品や備蓄をストックしておく場所がない

狭い家で収納に余裕を持たせることは容易ではない。汗

防災用品や備蓄を多めにストックしておくということがまだできていません。

これは重要課題ですね~…。

台風や、今回の感染症等、何かしらの災害はいつも想定して、安心できる程度の備えはしておきたいですよね。

収納を改善することは多少のお金もかかるので、なかなか進んでいません。

水の備蓄

とりあえずキッチンの一角に水の備蓄場所(無印良品のワイヤーバスケット)を導入。

くうか

最近考えていることは、キッチン家電を減らして食品を備蓄をする場所を増やしたい…!

3. 来客を招きづらい

2LDKに家族4人で少し余裕がある状態で、今がちょうど良いんですよね。

義両親がたまに泊まりに来ることがありましたが、もう2人一緒に泊まるのは厳しいです。

3LDKなら、一部屋を客室にできたのにな。

しかし、逆に【あまり泊まりに来なくなった=私、助かる】という図式が生まれているので、私にはメリットだったりします。笑

くうか

義両親は嫌ではないけど、緊張して気を遣い過ぎてしまうのがね(;´Д`)ツライ。

4. 病気になっても隔離しづらい

夫はパソコン部屋をメインで使っているので隔離の問題は出ないけど、私が何か病気になったら隔離することは大変だなぁと考えたりしています。

パソコン部屋は夫が使うし、広めの寝室を隔離で独り占めもなんだかもったいない。

くうか

でもいざ非常事態になったら、独り占めでもなんでもやらなきゃならなくなるだろうけど。汗

5. いつまで住めるかわからない

時が経てば、当然ながら年齢を重ねるわけで。

小1・年中だった子どもたちも現在は中1・小5です。

しかしまだ2LDKに住んでいます。

今すぐに部屋が必要というわけではありませんが、子どもたちが個室が欲しい年齢になったら、また引っ越しを考えなければいけなくなるかも。

くうか

その辺りは賃貸住まいなので、柔軟に対応することができるかな。

あえて選んだ狭い家のメリット・デメリットまとめ

あえて、というかやむを得ず選んだ狭い家。

住んでみてのメリットとデメリットです。

メリット
デメリット
  • 物を強制的に減らすことができる
  • 家族にも物の住所が理解しやすい
  • 掃除が時短になる
  • 家族が密になる
  • 物を減らさないと部屋がごちゃつく
  • 防災用品や備蓄をストックできない
  • 来客を招きづらい
  • 非常事態に隔離しづらい
  • いつまで住めるかわからない

デメリットの方が多かった!笑

しかし物を減らすことができて暮らしも以前よりすっきりしてきたし、その分徐々に防災用品も備蓄できるようになってきています。

私としては以前より快適に過ごせているので結果的には良かったです。

デメリットをさらに補うには、もう少し物を減らすことが目標となりそう。

くうか

家に物が多いと困っているなら、あえてコンパクトな家に住むことも私のようにメリットを得られるかも…?

ぽちっとしていただけると嬉しいです

にほんブログ村 ライフスタイルブログ ミニマリストへ

フォロー待ってます

くうかんしんぷるライフ - にほんブログ村

楽天ROOMに愛用品を登録しています

楽天ROOM

ライフスタイルまとめメディアへ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
URLをコピーする
URLをコピーしました!

\ 不用品の片付けの仕方がわかる /

関連キーワード #丁寧な暮らし #ミニマリスト

この記事を書いた人

ゆるくミニマリストを目指している中1小5兄妹のママ。
整理収納アドバイザー2級、元システムエンジニア。
小さなおうちに引っ越して収納が減っちゃった!少しずつ物を減らしてシンプルな空間にしたいと思っています。

コメント

コメントする

CAPTCHA


Contents
閉じる